埼玉県立岩槻高等学校 普通科 国際文化科
(SAITAMA PREFECTURAL IWATSUKI HIGH SCHOOL)
男女共学 普通科7クラス 国際文化科1クラス(1学年)
〒339-0043埼玉県さいたま市岩槻区城南1-3-38
TEL048-798-7171 FAX048-791-1500
E-mail: info@iwatsuki-h.spec.ed.jp

埼玉県立岩槻高等学校公式ホームページ トップページ

 

ご注意を

・おしらせ ご注意!
岩槻高校の同窓会を騙った振り込め詐欺の被害が出ています。注意をお願いします。
埼玉県教育委員会からスマートフォンのゲームをする際の注意事項が公表されました。生徒・保護者におかれましては、ご覧の上、ご留意いただきますようお願いいたします。
埼玉県教育委員会からの注意事項.pdf
 
フォトアルバム
岩槻高校HPのQRコード
 
教育関係リンク集




 

高校入試情報、H29年度の問題等(埼玉県総合教育センターのページより)
彩の国さいたま公立高校ナビゲーション
奨学金
授業料等
東武線運行情報Copyright (c)Saitama Prefectural Iwatsuki High School All Right Reserved.
 
制服

  夏服         冬服

 
部活動
 
学校案内 2018 岩高前進
   本年度の学校案内です。
 2018 「岩高前進」です。
 ぜひお読みください!!
 
   埼玉県立岩槻高等学校
   普通科・国際文化科
学校案内2018表紙.pdf
学校案内2018岩高前進.pdf
学校案内2018教育課程.pdf
学校案内2018毎日が国際交流.pdf
学校案内2018年間行事.pdf
学校案内2018部活動.pdf
 
アクセスマップ
〒339-0043
埼玉県さいたま市岩槻区城南1-3-38
TEL 048-798-7171 
FAX 048-791-1500
 
オンライン状況
オンラインユーザー26人
ログインユーザー0人
登録ユーザー1119人
カウンタ
COUNTER1865483
現役生、国公立大学合格(平成29年3月卒業生)


 平成29年3月卒業生(普通科)が、宇都宮大学工学部に現役合格しましたのでご報告します。コツコツと努力するタイプの男子生徒で、卓球部(県大会出場)に所属していました。勉学、部活動ともに3年間熱心に活動し、文武ともに成果をあげた、岩槻高校を代表する優秀な生徒の一人です。
 部活動を熱心に行ったことで努力の大切さをを学び、それが自分を信じて受験勉強をがんばることにつながったのではないかと思います。部活動などの課外活動を熱心に行うことが、勉学にも好影響を与えることが証明されたと考えます。後輩たちには是非先輩を見習って文武両道を目指し、コツコツと努力をして欲しいものです。
 現役での国立大学合格、おめでとうございます。

 
陸上部!砲丸投げ!関東大会出場!!
平成28年9月30日から10月2日まで行われた埼玉県高等学校陸上競技新人大会において、本校2年新井真斗君(さいたま市大谷中学校)が男子砲丸投げで3位に入賞し、10月23日から行われた関東大会に出場しました。
 

平成28年度特筆すべき部活動実績

吹奏楽部
平成29年2月18日(土)に神奈川県民ホールにて行われた吹奏楽、マーチングステージ全国大会において、本校吹奏楽部が2年連続で講評者特別賞を受賞しました。
 講評者特別賞は全国大会に出場した23チームのうち、上位6チームに贈られる賞です。

硬式テニス部
 平成28年8月8日(月)、9日(火)に行われた埼玉県国公立大会において、硬式テニス部女子が3位。男子が4位に入賞しました。
 
・平成28年8月11日(木)から千葉県白子町で行われた関東国公立高等学校テニス選手権大会に、本校硬式テニス部の男子、女子の両チームが参加しました。結果、男子は関東12位。女子は13位でした。

書道部
 本校3年生の須崎莉里花さん(春日部市立葛飾中)が2016年7月30日(土)から広島県で開催された全国高等学校総合文化祭書道部門に参加しました。昨年度の予選を勝ち抜いた15名が、埼玉県の代表として参加したものです。結果「文化連盟賞」をいただきました。

・陸上部
 平成28年9月30日から10月2日まで行われた埼玉県高等学校陸上競技新人大会において、本校2年新井真斗君(さいたま市大谷中学校)が男子砲丸投げで3位に入賞し、10月23日から行われた関東大会に出場しました。


 

 
国際文化科、国際交流について
 本校の国際文化科の紹介、および普通科を含めた全校での国際理解教育の取り組みについてのパンフレットを公開しました。ぜひご一読いただき、本校受験の一助としてください。

2017年度国際文化科、国際交流についてのパンフレット.pdf
 
平成29年度主な行事予定
平成29年度 岩槻高校 主な行事予定
 
主な行事は以下のとおりです。
以下の予定は参考にしてください。

平成29年度

1学期

4月10日(月)  入学式
5月1日(月) 遠足(1年生全員)
5月27日(土)  PTA総会
6月       体育祭
                三者面談
        歌舞伎鑑賞教室
              (国際文化科2年生)

夏期休業中
7月           イングリッシュサマーキャンプ
              (国際文化科1年生)
               
部活動体験(中学生対象)
8月            第1回学校説明会
                  海
外授業体験学習
                       (オーストラリアにて)   
2学期
9月                     文化祭
10月             第2回学校説明会
                     中学生向け授業公開 
                 修学旅行
11月             芸術鑑賞会 
校内マラソン大会
12月             第3回学校説明会
                 校内球技大会
3学期
1月                  第4回学校説明会
        
3月                  入学試験
                       卒業証書授与式
                       入学許可候補者説明会

行事予定表(あくまで予定です)変更があり得ます。
平成29年度行事予定(変更がある場合もあります).pdf
 
国際文化科・国際交流ニュース2016、17年度













2月8日(木)、2学年の国際理解教育講演会が行われました。今回は上智大学言語教育研究センター長・吉田研作教授をお招きし、「言語と社会からグローバルな視点で育む~今、高校生に伝えたいこと~」というテーマでお話をいただきました。グローバルとは何か、バイリンガルとは何か、英語が果たす役割など、様々な視点から考えさせられる話題ばかりでした。これからの英語学習はどうあるべきかを考える良いきっかけとなったことと思います。ご講演どうもありがとうございました。

1月11日(木)国際文化科の第3回異文化セミナーが開催されました。これは国際文化独自の行事で、年3回開催されるものです。今回は卒業生と生徒の発表が中心となりました。まず、国際文化科の卒業生で埼玉大学4年生・清水真実保さんから、在学中の留学体験、卒業後の留学体験などを交えて文化を学ぶという観点でお話をいただきました。次に現在本校で学んでいる留学生の2人による母国フランス、オーストラリアについてのスピーチがありました。その後、3年生の課題研究の発表、海外派遣の報告へと移り、充実した時間を過ごしました。「これぞ国際文化科だ」という有意義な時間でした。

日12/21(木)は各学年で学期末の学年集会が行われました。その中で3学年では、今年度の埼玉県の事業で海外派遣された生徒の発表会がありました。「グローバルリーダー育成塾(アメリカ合衆国)」と「メキシコ州派遣プログラム」の2人です。両名とも映像を使いながらの力強い発表でした。この経験を生かし卒業後も活躍してほしいと思います。どうもお疲れ様でした。

12/14(木) 午後、本校で異文化セミナーが行われました。これは国際文化科独自の行事で、年3回行われます。今回は獨協大学教授の田中善英先生をお招きし、「大学で外国語を学ぶという意味」という演題で講演をいただきました。さまざまな文化を学び、グローバルな視点を育むという観点に立ち、生徒は講演に真剣に聞き入っていました。参加型の講演で、途中グループワークもあり、とても充実した学習ができました。こういう機会を生かし、国際文化科の生徒には将来国際的な視点で視野を広げられればと切に願っています。

・11月30日(木)1年生を対象に国際理解教育の講演会が開催されました。講師は日本赤十字社からお招きした藤枝大輔先生です。テーマは「赤十字の国際活動 - 赤十字を通じて世界と日本のつながりを考える -」で、衛生問題や水の問題など、世界の抱える問題をわかりやすく丁寧にお話いただきました。岩槻高校は国際理解教育に力を入れています。皆さんと一緒に考えていきましょう。

県立学校グローバルリーダー育成塾」(埼玉県主催事業・50名)に、本校、大関麻佑さん(国際文化科3年)が参加し、無事帰国いたしました。
 平成29年11月1日~10日の10日間、アメリカ、ニューヨーク市、マサチューセッツ州ボストン市に滞在し、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)での授業参加、研究室訪問等貴重な体験をしてきました。  
 今回の研修を通じてより国際感覚を磨き、将来の世界に貢献したいと思うようになったとのことでした。今後の大関さんの活躍に期待します。


平成29年8月18日から8月25日まで8日間、本校生が県立高校メキシコ州派遣交流プログラムに参加しましました。(県教育委員会主催 全県で20名参加。) 
 以下は参加した鈴木愛衣鈴さん(国際文化科3年)の感想です。
 「メキシコに行って、首都のメキシコシティや古代の遺跡である月のピラミッド、太陽のピラミッドなどを見学してきました。
 2年生の時に学んだスペイン語を役立てて現地の人たちとの交流ができました。
 今でもメキシコの学生と交流を続けています。この交流プログラムで、異文化を知ることの大切さや楽しさを学びました。今後も積極的に異文化交流をしていきたいと考えています。」

平成29年7月22日から29日までの8日間、日本赤十字主催のモンゴル派遣団に本校1年生の堂坂夏美さん(普通科1年)が参加しました。8日間のプログラムの中で世界の気候変動や自然災害について仲間とともに英語でディスカッションしました。
 堂坂さんの感想は、「他国の学生と英語で会話する難しさを痛感しましたが、忘れられない経験、思い出になりました。」とのことです。

・2017年9月19日(月)から2週間、オーストラリアクイーンズランド州から1名の留学生が本校で学びました。1年生と2年生の教室に入り、授業を受けました。本校は国際交流が盛んな学校です。この留学生以外にも現在フランスから1名生徒が学んでいるほか、交換留学でフランスに1名行っています。生徒は国際的な力をつけています。

9月14日(木)に2年生を対象に、JICA(ジャイカ)シニアボランティアの大森先生をお招きして講演会が行われました。
 大森先生には発展途上国、特にカンボジアの若者たちのゴミ問題、環境破壊の問題について、現場の状況、課題などについてお話しいただきました。そして東京オリンピックパラリンピックを間近に控える高校生たちに、国際感覚を養い、やがて国際的に活躍する人材に育ってもらいたいという願いについてもお話しいただきました。


8月18日(金)から24日(木)まで、6泊7日の日程で、本校生19名と引率教員2名がオーストラリアへ海外授業体験研修に行ってきました。今回は普通科5名、国際文化科14名で、2年生18名、3年生1名という構成になっています。事故もなく、大変実りある研修になりました。

平成29年7月25日(火)~26(水)の1泊2日で、国際文化科1年生が福島県にあるブリティッシュヒルズに行ってきました。
 今回は本校ALTのアレン・ローラ先生、コルテズ・ヘラルド先生の2名も同行し、行きのバスの中から帰りまで、英語にどっぷりと浸かる研修会となりました。英語の授業やスコーン作りなど、まるでハリー・ポッターの世界に入り込んだような環境で、素晴らしい時を過ごしました。

7月7日(金)、本校国際文化科の3クラス(1~3年)の生徒対象に、今年度第1回異文化セミナーが開かれました。
 今回は外務省より、国内広報官の裕美さんをお招きし、「国際社会における日本の役割~外務省の仕事~」をテーマとして講演していただきました。また、講演後には有志の生徒たちと座談会が開かれました。


・69日(金)本校を会場に、埼玉県国際教育研究協議会主催の「英語・日本語スピーチコンテスト」が開催されました。今年度は県内の高校から、日本語部門に5名、英語部門に9名が参加しました。1人5分という持ち時間の中で行われ、外国籍の高校生は流ちょうな日本語で、また日本の高校生も見事な英語でのスピーチでした。本校からもそれぞれの部門に1年生が1名ずつ参加しました。それぞれの部門の上位入賞者が関東大会に出場することになります。

5/16(金)アメリカ大使館による出前授業(50分)が行われました。今回はアメリカ大使館とNPO法人「未来をつかむスタディーズ」から職員が8名来校し、本校国際文化科の1,2年生2クラスを対象に実施しました。映像を使いながら、また留学経験者の話も交えながら、そしてところどころクイズも入れながら、アメリカへの留学の魅力を語ってもらいました。今回の講座をきっかけに、グローバルに活躍する岩槻高校生が現れることを期待します。来校された方々、どうもありがとうございました。

「県立学校グローバルリーダー育成塾」(県主催事業・50名)に、本校、大関麻佑さん(国際文化科
3年 五霞町立五霞中学校)の参加が決定しました。これで3年連続の参加となります。厳しい試験をくぐりぬけての決定です。

 平成29111日(水)~10日(金)の10日間、アメリカ、マサチューセッツ州ボストン市に滞在し、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)での授業参加、研究室訪問等を行うことになりましたのでご報告いたします。

・平成29年3月25日(土)~3月30日(木)に、本校インターアクトクラブの3年生(当時2年生)、近江さん(さいたま市立八王子中学)、服部君(さいたま市立春野中学)、山口さん(さいたま市立大成中学)の3人が、国際ロータリー2770地区主催、岩槻ロータリークラブ後援の、韓国訪問団の一員として韓国に訪問しました。韓国ではホームステイをして韓国の家族の方たちと交流しました。また、韓国の伝統料理を食べたり、ホストファミリーと町に出て、町並みを見学してきたりしました。韓国の高校生とも交流し友情を育みました。3人とも行ってとても良かったと感想を述べていました。
 この訪問を受けて4月13日(木)に岩槻ロータリークラブの方たちの主催による「インターアクトクラブ韓国青少年交換報告会」が開かれ、上記3名の生徒と顧問が参加し、今回の訪問についての報告会を行いました。今回の訪問を援助していただいたロータリークラブの方々に感謝するとともに、国際交流の成果を伝えることができ、とても良い報告会になりました。


2月14日(火)に、韓国の高校生3名が本校を訪問しましたのでご報告します。
 今回の訪問はロータリー主催の交換留学事業で、まず韓国から3名の高校生が来日し、3月には本校インターアクト部員3名が韓国を訪問します。
 韓国の高校生たちはホームステイをしながら東京観光などを楽しみました。午後から本校に来校し、6時間目に、本校ALTとともに英語の授業に参加しました。
 放課後はインターアクト部主催の懇親会が開かれ、交流しました。


2月14日(火)に本校国際文化科1,2年生を対象とした第3回異文化セミナーが開催されました。 今回は「ケルガル日本の会」より、代表の田島俊雄様、榎本仁美様をお招きして『インドでの太陽光発電の普及活動と、木島平村での地域おこし協力隊』という演題でお話いただきました。
本校3年生国際文化科の高瀬夢奈さん(春日部市立豊春中学)が英作文コンテストにおいて奨励賞を受賞しましたのでご報告いたします。高瀬さんはカナダへの留学経験があり、この夏帰国しました。その経験が大いに役立ったと思います。

 

・平28年11月5日(土)に行われた高校生英語ディベート大会いなほカップに参加し、8位に入賞しました。 High Achievement Awardを受賞しました。


県立学校グローバルリーダー育成塾」(県主催事業・50名)に、本校、間野レイカさん(国際文化科2年・さいたま市田島中学)が参加し帰国しました。
 平成28年11月2日~11日の10日間、アメリカ、ニューヨーク市、マサチューセッツ州ボストン市に滞在し、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)での授業参加、研究室訪問等貴重な体験をしてきました。  
 11月5日には4年に1度の大統領選挙当日と重なり、アメリカの民主主義を体験できたとのことです。
 今回の研修を通じてより国際感覚を磨き、将来の世界に貢献したいと思うようになったとのことでした。今後の間野さんの活躍に期待します。

・平成28年11月5日(土)に行われた大会に参加し、8位に入賞しました。高校生英語ディベート大会いなほカップ High Achievement Awardを受賞しました。

・服部吉展君(さいたま市立春野中学校)が文部科学省主催の高校生韓国派遣団に選ばれ、10月9日から10月14日まで韓国を訪問しました。韓国の高校生との交流や、韓国の文化を身近に知ることが出来、大変勉強になったとのことです。韓国語でのスピーチも行いました。

920日(火)、21日(水)の2日間、オーストラリア、州立ウイナムハイスクールの生徒、教員が本校を訪問しました。

 ウイナムハイスクールは、8月に本校生徒がオーストラリアに海外授業体験学習に行った際にお世話になった学校です。今回はウイナムハイスクールから校長先生を含む先生3人、生徒14名が本校を訪れてくれました。

 本日20日(火)は、2時間目に体育館にてレセプションを行いました。両校校長のあいさつ、両校生徒代表あいさつ、記念品の交換を行いました。その後、本校剣道部の稽古の披露、本校合唱部による「てまり・・・良寛作・・・」の合唱を披露しました。3時間目には、伝統ある雛人形を飾る体験を行いました。人形のまち岩槻を宣伝するとともに、その由来なども学習しました。4時間目以降は授業に参加しました。その後、本校生徒たちのホームステイ先に宿泊することになります。訪問2日目(9月21日水曜日)を迎え、この日は各クラスに分かれて本校生徒とともに授業を受けました。英語の他、書道など日本独特の授業にも参加してもらいました。特に本校は国際文化を学ぶにあたり、「伝統文化」の授業が行われています。この科目は日本古来の独自の文化を学ぶという趣旨で設置されており、文系の3年生が選択できます。華道、茶道などですが、今回はこれらの授業にも参加してもらいました。

 翌22日にはホームステイ先の家族や本校生徒たちと1日いろいろな場所に観光に出かけ、思い出作りを行うとともに、日本を満喫しました。

 ウイナムハイスクールの皆さんは23日にすべての日本での日程を終え、帰路に立ちました。

・8月19日(金)から海外授業体験学習に行きました。成田空港を旅立ち、オーストラリアに向かいました。今年度の岩槻高校「海外授業体験学習」は2,3年生14名です。8月26日(金)まで8日間様々なアクティビティーを行いました。

 講師は文教大学国際学部、国際理解学科教授、阿野幸一先生でした。先生はNHKラジオの英会話講座を長年担当された、英語教育のスペシャリストです。今日は「使える英語を身につけよう~コミュニケーションのための英語学習法~」についてご教授いただきました。

617日(金)に平成28年度埼玉県国際教育研究協議会主催、「国際教育 埼玉大会」が行われました。会場は獨協大学(草加市)です。その中で、第25回英語・日本語スピーチコンテストに本校生徒が参加、これまでの成果を十分に発揮し、上位に入賞しました。

 日本語部門では国際文化科2年繆 軒君が第2位に入賞しました。その結果、関東大会への出場が決定しました。また、英語スピーチ部門では同じく国際文化科2年のモラレス・シャロン・梨麻さんが第3位に入賞しました。ここにご報告いたします。

 

67日(火)にインドのThe Shri Ram(スリラム)Schoolの方々(高校生22名、教員2名、ガイド通訳3名)が本校を訪問しました。日本での研修旅行の一環での訪問であり、本校の職員・生徒と交流を行いました。

 開会セレモニーでは、本校校長のあいさつ、生徒会長による英語でのあいさつ、そしてスリラムスクールの先生からのあいさつ、生徒代表のあいさつの後、記念品の交換が行われました。その後、本校の国際文化科1年生との英語の交流授業、そして、スリラムスクールの生徒によるインドの舞踏の披露と続きました。最後は本校の国際文化科の生徒も舞踏に加わり、にぎやかなうちに交流が終わりました。

 また、一連の儀式に際して、本校国際文化科3年で、インド出身の生徒が司会、通訳を行いました。

 











 

・平成28711日(月)に、本校国際文化科の123年生118名を対象に「異文化理解セミナー」が行われました。異文化理解セミナーは年3回、国際文化科で実施する行事で、今年度第1回目です。

 
言語選択
言語の選択:
バスケット部(男)について

 
   こんにちは。私たち男子バスケットボール部は現在、3年生4名、2年生7名、1年生8名、マネージャー4名の計23名で活動しています。「最善の努力の継続」をチームの信念として、「常に県大会出場」をチームの目標として胸にかかげ、日々全力で取り組んでいます。

 人として、高校生として、バスケットプレイヤーとして、常に向上心を持ち全力で活動しています。中学生の皆さん。後悔することのない、充実した3年間を、私たちと一緒に走り抜けてみませんか?ここ岩槻高校、岩槻バスケットボールチームで皆さんをお待ちしております。

[ 練習 ]

平日:月~金 体育館練習(前後半制)

休日:練習・練習試合・合同練習

オフ:2週間に1度程度、オフ有り(不定期)

*部活動見学等いつでも大歓迎です。是非、ご連絡ください。(顧問:小林 翔太)。

流した汗は裏切らない。


 

 

 



 

日誌

バスケット部(男)
12345
2018/02/21new

【男子バスケットボール部】 4支部大会 南部選抜優勝

Tweet ThisSend to Facebook | by:iwatsuki
こんにちは、男子バスケットボール部顧問の小林です。2月18日に埼玉県選抜選手を選出するための選考会である4支部大会が上尾総合体育館で行われました。南部地区代表として、選抜選手と共に戦って参りましたのでご報告させて頂きます。

南部支部として一人でも多く県選抜選手へ送り込むことが私たちコーチ陣の一つの目標です。この日の試合展開や選手起用もその一因となる可能性もあるので、私自身も緊張しながら試合に臨むこととなりましたが、緊張しているのは私だけだったのか、、、選手たちは盛り上がりながら思い切り熱いバスケットを繰り広げてくれました。

1試合目は北部地区と、勝ち進んだ2回戦目には東部地区と試合をすることとなりました。全員の選手たちがハードワークしてくれるだけでなく、練習でやってきたオフェンスのエントリーやナンバープレイを常に意識しながら、「南部選抜バスケット」を体現してくれました。コーチの未熟さゆえ、うまくいかない場面もありましたが、選手たちの能力と熱い気迫で、競りゲームをものにし東部地区にも勝利、なんと優勝!!!数日間しか共に戦ってきていませんでしたが、恥ずかしながら感動してしまいました。埼玉県選抜にも、15名の選手のうちの半分以上の8名の選手がエントリーされました!選ばれた選手がこの先のステージでも大いに活躍してくれることを祈っています。

今回は南部選抜監督として、私にとっても初めての大きな挑戦でした。選抜選手たちに何を練習してもらうのか、どのように伝えるのか、そしてどのように戦わせるのか。1年間悩んだうえでの数日間でした。未熟な監督ではありましたが、選抜選手たちは本当によく動いてくれました。そして貴重な経験だけでなく、優勝というプレゼントまで与えてくれました。ありがとう。

選抜選手たちも同じですが、この後、この経験を自分のチームに還元し、チーム岩槻がさらに成長できるようチームのために尽力していきたいと思います。また、最後となりましたが、今回の件でご協力してくださった多くの先生方と選手の皆さんに感謝申し上げます、ありがとうございました。


12:05 | 投票する | 投票数(1)
2018/02/12

【男子バスケットボール部】 2/12 南部選抜練習会③

Tweet ThisSend to Facebook | by:iwatsuki
こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。12日に、南部選抜チーム3回目の練習が岩槻高校にて行われました。3回目ということもあり、お互いチームに打ち解け始めてきているところではありますが、いよいよ来週が4支部大会本番です。前日に練習はできるものの、最終調整となるので細かい部分の確認や練習の追い込みができるのはこの日が最後です。前日の練習での課題点をオフェンス・ディフェンス・プレスディフェンスの枠組みに分けてそれぞれ確認し、修正しながら練習することができました。選手たちはこちら側の意図をよくくみ取ってくれ、意識的に練習に取り組んでくれました。

プレイ以外の面で必要な声出しや必要なコミュニケーションも、特に今年度は自分たち自らでよく声を出してくれています。選手たちの協力のおかげで、チームの雰囲気もまとまってきました。

また、一緒に練習に参加している岩槻高校の3名の選手たちもその輪に交じり、他の選抜選手たちに引っ張られながら、必死に食らいつきよく努力してくれています。わずか数日間だけの練習ではありますが、たくましく成長してくれていることにありがたさを感じます。

残りの練習は17日のあと一回。寂しささえ感じますが、残りの練習で悔いのないように調整しながら、来たる18日の4支部大会でケミストリーを爆発させたいと思います。やりきるぞ、チーム南部!!


20:10 | 投票する | 投票数(4)
2018/02/11

【男子バスケットボール部】 南部選抜練習会②

Tweet ThisSend to Facebook | by:iwatsuki
こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。11日午後、南部支部選抜チームの2回目の練習会を行いました。場所は今回も大宮高校をお借り実施しました。大宮高校木下先生、ご協力ありがとうございました。

初日の練習では病欠の選手が3名いましたが、今回は全員参加!練習生4名を含め、19名で練習を行うことができました。前回の練習では①チームの土台作りと②南部オフェンスのコンセプトの理解と挑戦がテーマでした。2回目の今回は①オフェンスの挑戦と②ディフェンスタクティクスの理解です。オフェンスのコンセプトの実践に加え、ディフェンスでの目標とチームルールを確認しました。前回でも、選手たちの対応力の良さが表れていましたが、ディフェンスにおいてもそれは同じでした。さすが選抜選手、こちらの意図をよく理解して実践してくれました。

2回目ということもあり、選手たちは打ち解けてよくコミュニケーションを取り、チームとしての雰囲気も良くなってきています。これがただの「慣れ」で終わらないよう、コーチとしてチームを適切な方向に導きながら、次回の練習に臨みたいと思います。次回の練習では南部バスケットの深みを与えるとともに、18日当日、チームケミストリーが爆発するような集中力と活気ある雰囲気へと調節できればと思います。


20:40 | 投票する | 投票数(4)
2018/02/11

【男子バスケットボール部】 2/11 合同練習報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:iwatsuki
こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。11日に大宮高校にお邪魔し、上尾鷹の台高校と大宮高校の3校で合同練習を行いました。本日は鷹の台高校の監督である金盛先生にご指導頂きました。テーマはブレイクファンダメンタル。どのチームも県大会出場を逃してはいますが、春の飛躍のために今一度点数を取る基礎を固め直す、を目標に練習して頂きました。

メニューはトレーニングメニューから2人、3人、4人の基礎的な速攻の空動きから、対人メニュー、最後はゲーム形式での確認まで、細かくご指導頂きました。岩槻高校としては、普段人数が足りないためになかなかすることのできないラリー形式の練習をすることができたり、他チームのレベルの高い選手と共にプレイすることができたりと非常に良い経験となったと思います。

細かい点をご指導頂けたことに加え、このように他チームの選手と励まし合い、人間関係の輪を広げることができるのもスポーツ、そして部活動に励む1つの大きなメリットです。多くの選手と共に練習し、コミュニケーションを取り、良い部分を盗み合うことができました。このような貴重な経験を通じて、選手としてだけでなく、人間的に大きく成長してもらいたいと思います。

半日ご指導頂きました金盛先生、そして大宮高校木下先生、貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。
20:10 | 投票する | 投票数(7)
2018/02/10

【男子バスケットボール部】 2/10 練習試合報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:iwatsuki
こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。2月10日に秀明英光高校にお邪魔し、2校で練習試合をさせて頂きました。

県大会出場こそ逃していますが、能力者ぞろいの強豪校です。試合序盤からフルコートプレスをかけられ、ミスと失点の連続。。。自分たちのリズムを取り戻せないまま1ゲームを終えてしましました。最近の試合ではどのチームもフルコートでのディフェンスをメインとしており、そのたびにプレスダウンが課題となっていました。練習の中では確認するものの、自分たちよりも能力のある選手たちが勢いに乗ってプレスをかけてきた時の判断力や対応力の育成については特に難しいと私自身感じてきましたが、今回も練習不足を痛感させられました。我がチームの人数は少ないですが、それでも練習を練れば対策は立てられるはず、、、と今回の失敗も原動力に変え、練習をもう一度再考します。

また、技術だけでなく、精神力や組織力についても、足らないことばかりです。チームとして成長して勝つ!という強い意識を恒常的に持ち続けることの難しさを痛感する日が多くなってきました。大人も子供も、ここまでと諦めたらそこで終わり、、、残り半年でこのチームがどこまで成長できるか、最善の努力をしていきたいと改めて感じました。


22:30 | 投票する | 投票数(7)
2018/02/04

【男子バスケットボール部】2/4 練習試合報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:iwatsuki
こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。2月4日、岩槻高校に春日部高校(Bチーム)をお呼びし、練習試合を行いました。Bチームといえど、県3位のチームの選手たちですので、バスケットに対する姿勢は強く、技術のある選手たちが多くいます。

前日の試合で特にボール運びから苦しんで失点することが多くありました。今回も春日部高校は基本的にはオールコートマンツーマンが主体で、場面によりダブルチームもあり、前日の課題が確認できる良い練習試合となりました。前日よりもチームの動きを利用しながらオフェンスに入ることができていましたが、ミスや危ない場面も多くあったので、練習で細かい点を確認していきたいと思います。

オフェンスについては、前日の試合よりも狙っているプレイで点数を取ることができました。これが相手が変わった時も、常に同じように発揮できるようレベルを上げていきたいと思います。

選手たちはあと2週間弱で学年末考査期間と入試期間に入ります。安定した練習期間がなくなる時期に入るので、一つ一つの練習試合での課題を練習で確実につぶしていけるようチームのモチベーションを保ちつつ練習していきたいと思います。
13:00 | 投票する | 投票数(12)
2018/02/03

【男子バスケットボール部】 南部選抜練習会開始!!

Tweet ThisSend to Facebook | by:iwatsuki
こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。1月28日に南部地区選抜を選出する4地区大会が行われましたが、その南部選抜チームの練習会が2月3日から行われました。喜ばしいことに、岩槻高校からも部長の小山丈瑠が選抜され、練習会に参加することができます。加えて、練習生として1年生の岩谷駿と横山大貴が練習に参加させて頂けることになりました。また、今年度、私が選抜チームのコーチを務めさせて頂けることとなり、選手だけでなく、私自身も鍛錬の時期に突入しております。

南部選抜では、①県選抜選出を目指す、②チーム南部のバスケットに対応できるよう挑戦するの2点を大きな目標とし、練習を開始しました。さすが南部選抜だけあって、個人個人の能力はもちろん、練習に対する姿勢や対応力も非常に高い集団です。初日の練習では主にチームオフェンスの理解と挑戦をメインテーマとして練習してもらいました。緊張感と活気が混在する良い雰囲気で初日の練習を終えることができました。我がチームの選手も頭と体をフル回転させ、必死に食らいつくがごとく、ハードワークしてくれました。

私としても、チームコンセプトの確立から選手への浸透、練習の中での細かいコーチング等、課題が多く良い勉強をさせて頂いております。選手に負けないよう、私自身も共に成長できるよう共に挑戦し、そこで得たものを我がチームに還元し、選手の成長につなげていきたいです。

本番は2月18日4支部大会です。それまでの練習は残り3日間、、、少ない日数ですが、南部選抜の化学反応を大会で引き起こすことができるよう、一丸となって頑張っていきたいと思います。
20:40 | 投票する | 投票数(7)
2018/02/03

【男子バスケットボール部】2/3 練習試合報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:iwatsuki
こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。2月3日、与野高校にお邪魔して練習試合を行いました。与野高校は今年度県大会出場を果たしており、県でも勝ち星をとっている力のあるチームです。特に勝負どころのフルコートディフェンスには鍛えられている強さがあります。

岩槻高校は今練習しているオフェンスを試すことと、練習してきたディフェンスを実践することの2つを目標に臨みました。オフェンスについてはまだまだ練習不足でうまくいかない点が多かったですが、狙い通りのプレーもあり、感覚を実践の中でつかむ良い経験となりました。

ディフェンスも、今まで徹底できなかったボールマンの距離と方向付けをよく練習できました。また、ヘルプとローテーションも以前よりは意識付けができてきています。

しかし、一番課題となった点は、相手のオールコートディフェンスに対するボール運びです。練習を積んできていない部分が明らかとなり、その点で試合の流れが大きく変わってしまいました。チームでの約束事とタイミングなどの細かい部分での徹底を詰めることができればと思います。


20:40 | 投票する | 投票数(11)
2018/02/02

【男子バスケットボール部】 大宮選抜 2018!!

Tweet ThisSend to Facebook | by:iwatsuki
こんにちは。男子バスケットボール部の小林です。本格的に寒くなって参りましたが、高校バスケット界では国体予選のための埼玉県選抜にまでつながる選抜選考があるとても熱い季節となりました。県選抜を選出するための4支部大会の前段階として、南部地区では上尾・浦和・大宮・川口の4地区に分かれて練習会を行います。私たち岩槻高校は大宮地区に分類され、選抜選手として我がチーム部長の小山丈瑠が選抜され、練習生として1年生の岩谷駿も練習に参加させて頂きました。

大宮選抜では、1月28日の南部4地区大会に向けてチーム練習を行いました。各チームの腕のあるプレイヤーが集まってプレイするため緊張感のある良い経験をすることができたと思います。普段教わっていない方からご指導いただいたり、普段プレイすることのない選手とプレイできる貴重な経験ができました。大宮選抜では、オフェンスとディフェンスそれぞれにテーマを設け、チームを作ることを目標としながら、そのなかで結果を残し、南部選抜選出を目指しました。私もスタッフとして、主にオフェンスを担当させて頂きながら共に練習することができ、私自身も貴重な経験を得ることができました。

このような貴重な経験を通して、自身が成長し、その経験をチームに還元してくれることが選抜選手のひとつの責務だと考えています。今回貴重な経験をさせてもらった二人の選手には彼らの成長だけでなく、その点においてもチームの大きな力となりチームを牽引してくれることを期待しています。

22:25 | 投票する | 投票数(8)
2018/01/08

【男子バスケットボール部】 1/7, 8 練習試合報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:iwatsuki
こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。1月7日と8日に冬休み最後となる練習試合を行いましたので、ご報告させて頂きます。7日は大宮高校にお邪魔し蕨高校と3校で、8日は浦和実業高校と2校で試合を行いました。

7日の試合では、全試合通して試合の出だしのディフェンスで簡単な失点が多く、10点前後のビハインドからゲームが始まっていました。オフボールのディフェンスの集中力の無さが失点場面を作っており、練習してきたディフェンスを発揮するのに時間がかかっていました。ハーフコートオフェンスでも練習していることが上手く噛み合わず、オーバータイムになることも多かったです。この点は練習で詰め切れていない点なので、上手くいかなかったシチュエーションを練習で取り上げていきたいと思います。

8日の試合では、相手の速く勢いのある速攻やアップテンポのオフェンスを防ぐこととディフェンスリバウンドを取ることを目標として挑みました。しかし、この日の試合も、オフボールのディフェンスがカッティングやインサイドプレイヤーを正しく守ることができなかったり、オフェンスリバウンドからの失点を許してしまいました。

この2日間でのディフェンスの課題はオフボール選手の意識と集中力にあることが確認できました。練習してきたことが発揮される場面も多くなりましたが、試合の入りやアップテンポゲームになった時に意識できていないことが分かりました。練習の中でそのような状況を作り、改善できればと思います。また、オフェンスでも具体的な改善点があるので、次のゲームでは修正された状態を作りたいです。この2日間では、より具体的なチームの改善点が浮かび、良い冬休み納めとなりました。

9日から新学期が始まります。冬休みはあっという間に終わってしまいましたが、少しずつ前進しているチームの成長を止めることなく、熱い鍛錬の期間を継続していきたいと思います。



18:40 | 投票する | 投票数(12)
12345